交通事故で弁護士依頼をした方がいい理由

交通事故の話し合いにおいて、自分が被害者である場合、
相手の保険会社が提案してくる示談案に納得できなければ
裁判になることもあります。主張

その時点で諦めてしまう人が多いということを承知で、
保険会社は「裁判」を口にします。

なぜそのように加害者側の保険会社が強気でいられる
理由に、被害者側が孤立無援ということが理由の一つです。

少しでも過失があれば代理人になれますが、100%被害者の
場合には自分の保険会社は代理人となれません。

しかし被害者本人が交通事故の問題やそれに伴う法律に
長じているということはごく稀で、一般的には専門的な
知識を持っている相手の保険会社に押されてしまうと
いうことになりかねません。

相手の保険会社は自社と自社の保険の加入者の
利益を守る使命を科されていますので、それも
仕方ないことです。解決

被害者は自分の利益を最優先に考えて動いてくれる
弁護士を代理人として話し合いを進めるのが
最良の方法であるということが、広く認知されるように
なったのです。

自分のことは自分で守る権利意識の高まりが、
弁護士への依頼が増えた理由でもあります。