交通事故専門の弁護士の気になる相場は?

請求交通事故の被害者になったら
まずは弁護士に依頼するのが
望まれますが、依頼する人は
ごくわずかです。

それは、弁護費用を気にしての
ことですが、重傷の場合は
なんら気にする必要はありません。

弁護士に依頼したことによって増額される金額のほうが
弁護費用よりも高くなるのが一般的だからです。

増額がなかったら、報酬なしとしている法律事務所もあります。

交通事故の場合、裁判にまで至って被害者側の主張が
認められたら、弁護費用は加害者側が支払います。

賠償金の1割程度までなら弁護費用として、加害者側に対し、
支払い命令が出ることがあります。
孤立

交通事故の被害者側の弁護費用というのは
損害賠償の中の 直接損害に該当していますから、
当然、弁護士は加害者に請求します。

加害者がその請求に応じなければ、裁判で
支払い命令を 得ることになります。

被害者の請求が妥当なものであるなら、被害者は
弁護費用を気にすることはありません。

支払うのは当然、加害者だからです。
被害者の請求が妥当なものであるかどうかは、
事前に弁護士が判断しますから、弁護士が依頼を
受けたということなら、それを信じてやってみる
価値はあるでしょう。

相場というのは、請求額の1割という見方も
ありますが、 弁護士によってまちまちですから、
絶対的なものではありません。

裁判で請求が認められなかった場合は
成功報酬は発生しませんので、弁護士費用の
ことはあまり気にせず、交通事故に遭ったら
すぐ弁護士に相談することが望まれます。