当て逃げされた場合の弁護士対応

当て逃げ交通事故で一番落胆度の高いものと言えば当て逃げされること
ではないでしょうか。

特に、公道上で当て逃げされてしまった場合には、ほとんどの
ケースでは相手方のナンバー等を見ているでしょうし、警察に
連絡することで警察での操作を期待することができるので相手方を
早く特定し、示談金交渉や裁判においても迅速に行える可能性が高いです。

しかしながら、ショッピングセンターの駐車場等の私有地で当て逃げ
された場合、車にいないときにされていることがほとんどでしょうから、
相手方の特定がなかなかできないという問題があります。

また、警察も私有地での人身事故でない物損事故の場合は民事不介入で
ある場合が多く、捜査を期待できない場合も多くあります。

このような交通事故の場合であっても、弁護士を起用することで、
例えば事故が発生した私有地に設置された防犯カメラの映像を管理者から
入手しやすくなるなどのメリットがありますし、その後の裁判においても
迅速に進めてもらえます。

迅速に進める