交通事故で交渉するのは弁護士?保険会社?

事故

交通事故の加害者と被害者が交渉する場合、お互い交通事故については
何の知識もない素人ですから、なかなか難しいことが多いです。

加害者が任意保険に加入していると、任意保険会社が加害者側の代理となり、
万事手続きをおこないますし交渉にも当たります。

被害者の過失がないと想定される交通事故の場合被害者の加入している
任意保険会社は介入できません。

そのため、被害者個人が交渉することになります。
任意保険会社の担当者は毎日交通事故の賠償額を減らすための仕事を
しているわけで、自社負担額を減らすノウハウを知り尽くしています。

被害者個人を相手にしたときの交渉については、プロ中のプロです。
右も左もわからない被害者が、個人で太刀打ちできるわけはありません。

被害者は、なるべく早い時期から弁護士に相談するべきです。
弁護士を代理人にして、加害者側に受任通知を出せば、会社の担当者は
顧問弁護士に交渉を任せます。

弁護士顧問弁護士は、被害者側に弁護士がついているなら万事妥当な対応をするしかないと判断しますから、被害者は不利にならずに済みます。

示談で妥当な賠償額で合意に至る可能性も高くなります。

しかし、被害者が個人で交渉していると、会社側の担当者は治療費支払いの打ち切りを通知してきたり、症状固定を迫ったり、主治医に症状固定を依頼したりします。

示談交渉の場では、判例を無視した過失割合を主張するものです。

被害者はそうした無用のストレスを避けるため、早めに弁護士に任せることです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)