交通事故が発生した後の裁判について

神戸において交通事故が発生したときには
被害者は加害者に対して、不法行為に基づく
損害賠償請求権を行使して、金銭を
請求することがあります。特定

その場合、その交通事故の被害者や加害者は、
弁護士に対してその民事紛争を解決することを
依頼することになります。
被害者側の弁護士としては、加害者を被告として
裁判所に対して提訴する必要がありますが、
交通事故の慰謝料を請求するには、損害項目を
特定する必要があります。

慰謝料というのは、損害の項目のうちの精神的
損害ですが、被害者は損害の発生と同時に
慰謝料請求権を取得して、その請求権を
放棄したものと解されない限り、これを
行使するこができるとされています。発生する

そして、その額については、
実務において一定の基準が
確立していますが、裁判所の
自由な裁量に委ねられています。

そのため、当事者間の設定した額に
拘束されることなく、裁判所は
自由にそれに関する額を設定することが
できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)